もし毛染め染料を使ってかぶれてしまったら・・・

ジアミン系の毛染めは基本的に2度と使わない事が大切です。

 

体調が悪かったり肌が敏感な時はかぶれやすくもなっています。その後、体調が良い時に再度使うとかぶれない事もありますが、通常は染毛を繰り返す度にアレルギー反応が強くなっていきます。

 

特に白髪染めなどカラー剤に含まれる「ジアミン」かぶれを起こすと、その体質は一生治らず、使い続けて症状が悪化する事があります。

 

ジアミン系染料とは?

1剤と2剤の液を混ぜて使うヘアカラーや白髪染めのことです。

 

ジアミンによるかぶれの症状

頭皮がヒリヒリする、しみる、痛い、かゆい、赤くなる、湿疹ができる、顔などのただれ、かぶれなど

 

かぶれた事のない方でも、以下にあてはまる時は毛染め染料の使用はやめた方が良いでしょう。

 

  • 季節の変わり目
  • シャンプーや化粧品などの新商品を使った時
  • 体調がすぐれない時

 

さらに次の事にも気をつけてください。

寝不足など日常生活が乱れている時

不規則な生活が続いたり寝不足が続くなど、体が疲労している時もいつもより免疫力が低下している可能性があるので、ヘアカラーなどの使用はおすすめできません。

 

女性の白髪染めで気をつけたい事

生理中の使用はやめるべきですが、生理中ではなくてもホルモンの周期などでご自分の体調が悪い時、肌が敏感になりがちな時を自覚されている場合は、その期間も白髪染めの使用は避ける事はおすすめします。

 

万が一毛染めの副作用でかぶれてしまったら

 

皮膚科の受診をおすすめします。

 

かぶれ体質を直す薬はないのですが、かぶれの原因を突き止める事は可能です。

 

原因が毛染め染料にあるとわかった場合は二度と使えなくなりますが、原因を突き止めずに何度もかぶれを繰り返す事はよくありません。

 

軽い症状でも白髪染めの副作用は軽く見ないで!

 

頭皮が少し赤くなった、かゆい、ヒリヒリする・・・・などの軽い症状だからといって軽視せず、すぐにでも使用をやめてください。

 

ジアミン物質の副作用によるものだとしたら、今は軽いかぶれの症状で収まっていても、今後ショック症状や造血機能の低下など、命にかかわる病を引き起こす可能性があります。

 

白髪染めの副作用のうち、ジアミンによるかぶれなどに関してはこちらの情報が大変参考になります。かぶれない白髪染めについて

毛染めでかぶれてしまった方が今後使える白髪染め

 

白髪染めの副作用で悩まれた方に人気なのが、無添加・自然素材で作られた体にも髪にも優しいヘアカラートリートメントという白髪染め。

 

特にテレビCMなどでも有名な「利尻ヘアカラートリートメント」は、白髪染めのピリピリ・かぶれ・かゆみなどに悩まされた方に人気のヘアカラートリートメントです。

 

もし毛染め染料を使ってかぶれてしまったら・・・

利尻ヘアカラートリートメントは、髪へのダメージが通常の白髪染めと違ってゼロ。自然エキスで髪を保護し、天然植物でやさしく徐々に染めていく白髪染めです。

 

・白髪染めのような強い薬品は使用せず、植物などの天然成分で染める
・バラベン・鉱物油不使用の無添加。刺激が弱いので素手で染められる
・髪に優しいヘアマニキュアタイプ
・白髪染めと違って髪を傷めない

 

 

将来にわたって髪と身体の健康にこだわりたい方に選ばれています。

 

無添加で安心!1番売れている利尻ヘアカラートリートメント

もし毛染め染料を使ってかぶれてしまったら・・・

 

 

身体に優しいヘアカラートリートメントをチェックしたい方はこちらから

もし毛染め染料を使ってかぶれてしまったら・・・

ジアミン副作用のない白髪染め人気ランキングはこちら >>