重大な白髪染めの副作用の例記事一覧

ドラッグストアなどで一般的に売られている白髪染めは、手軽に髪をしっかり染められ、その手軽さから大変人気があります。しかしショック症状を引き起こす恐れのある毒性の強いパラフェニレンジアミンを含み、失明した症例なども報告されています。白髪染め、カラーリング剤の目への影響使用時に目に入ってしまった場合:角...

白髪染めに含まれる発がん性物質いわゆる「早染め」と言われる薬局で販売されている白髪染めや、美容院・サロンで使われているおしゃれ染めなどは、発がん性物質を含む化学物質(パラフェニレンジアミン[PPD])、アミノフェノール、防腐剤のレゾルシン、過酸化水素など)が使われています。もちろん、これらの白髪染め...

白髪染め、カラーリング、ヘアダイの使用による再生不良性貧血(AA)などの造血障害が「日本血液学会」で報告されています。骨髄異形成症候群(MDS)についての報告は確認がとれていないのですが、MDS患者さんの中にもAAの症状に近い方も多い為、白髪染めの使用によるMDSの発症の可能性はゼロとは言えません。...