白髪染めで失明?染色による目への影響とは?

ドラッグストアなどで一般的に売られている白髪染めは、手軽に髪をしっかり染められ、その手軽さから大変人気があります。しかしショック症状を引き起こす恐れのある毒性の強いパラフェニレンジアミンを含み、失明した症例なども報告されています。

 

白髪染め、カラーリング剤の目への影響

  • 使用時に目に入ってしまった場合:角膜の炎症、目の周りの腫れ、激痛、失明
  • 長期使用による副作用:白内障 など

白髪染めで失明?髪を染色する事による目への影響

染色中や染色後に髪を洗い流す際に目に入ってしまった場合は、すぐに水、またはぬるま湯で15分以上洗い流してください。数時間たっても痛みがとれない場合は病院で受診してください。また手で目をこすらないようにしてください。

 

眉毛、まつげにヘアカラーは決してしないで!

若い世代に多いのですが、ヘアカラーをした髪の色にあわせて眉毛やまつげもカラーリング剤で染める方がいますが、これは大変危険な行為です。失明につながる危険性がありますので、決してしないようにしてください。

 

毒性の強いパラフェニレンジアミンを含まない「安全な白髪染め」もあります。
強力な化学物質を含まない為すぐに髪が染まるわけではありませんが、シャンプー後にトリートメント替わりとして使用する事で自然に髪に色がついていきます。白髪染めの副作用が怖い方、髪や頭皮を傷めたくない方、髪を健康にしたい方に人気です。

 

 

安心の無添加白髪染めです。

白髪染めで失明?髪を染色する事による目への影響

白髪染めヘアカラートリートメント人気ランキング >>